背中ニキビの正しいケア方法を知る

2015年8月4日
ニキビのないなめらか背中、どうつくるの?

背中ニキビの正しいケア方法を知る

背中ニキビのケア方法

image001

背中ニキビはできないように普段から使用するヘアケア用品、ボディケア用品に注意することも必要ですが、できてしまった時はできるだけ悪化させないようにケアしていかなければなりません。
背中に汗が溜まらないように清潔を心がけるとともに、できてしまったらできるだけ背中ニキビを刺激しないケア方法で治すようにしましょう。

乾燥が気になるような時は、ココナッツオイルなどの植物成分配合のオイルで肌ケアをしていくのもいいですし、ニキビ肌を優しくいたわるようにケアするのが最適です。
天然植物の成分が配合されているものは肌にも優しく、低刺激ですから、敏感肌の人にも使いやすいでしょう。

体の新陳代謝を良くする

image003

そして、背中ニキビはゴシゴシとこするようなことは避けなければなりませんし、気になるからといって潰してしまうにも良くありません。潰してしまったら跡が残ってしまいますし、潰したニキビ跡がシミや黒ずみにもなってしまうので要注意です。ニキビケアのクリームや塗り薬を使用するような時も、極力ニキビを刺激しないように塗るようにしましょう。
そして、あまりに多くのケア製品を使うのも避けたほうがいいでしょう。たくさんの成分を肌に乗せることで良くなるどころか悪化してしまうこともありますので、一度に使用するケア製品は一つか二つにしておくのもいいです。

また、何かのケア製品を使用しても良くならないような時は、何も使わずに汗を掻くことで背中ニキビをケアしていく方法を試してみてもいいです。
運動やサウナ、お風呂などで大量に汗を掻くことで新陳代謝が良くなり、背中ニキビが改善させることもあります。背中ニキビは体のめぐりが悪いとできやすいので、汗を掻き、水分補給をし、また排出するという体のリズムを正すことで改善されることもあります。
川の水も流れていないと汚れて濁ってしまいますが、たえず流れていれば汚れることもなく濁ることもありません。体の新陳代謝を良くするということはこういったことと同じなのだということを頭に入れておくといいでしょう。

生活習慣の見直しを

image005

背中ニキビは、頭を洗う時に使用するシャンプーやリンスがきれいに洗い流せず、それが原因でできてしまうようなこともあります。

そのまま肌に残った古くなった美容成分が原因で背中ニキビができてしまったような時は薬やせっけんでケアしていくことも大事ですが、運動不足や新陳代謝が悪い事、便秘などの体の内側に原因があるような時は、生活習慣の見直しを始めてみましょう。

ランキングを見る
ページトップへ