背中ニキビとストレスなどによる体内原因

2015年8月18日
ニキビのないなめらか背中、どうつくるの?

背中ニキビとストレスなどによる体内原因

1:ストレスを感じる仕事から解放されるには
 ・仕事のストレス
 ・仕事とプライベートの時間の切り離し
 ・ストレスを軽くする方法
2:ストレスで胃腸炎になってしまった時は
 ・ストレスによる胃腸炎
 ・胃腸炎になってしまった時は
 ・お腹が張らないようにする
3:ストレスの原因は思わぬところにある
 ・突然やってくるストレス
 ・適応能力を身につけていくこと
 ・原因は自分の中にあるということも
4:厄介な「背中ニキビ」はなぜできる?背中ニキビの気になる原因
 ・背中ニキビは悪化しやすい
 ・背中ニキビの原因、毛穴の詰まり
 ・背中ニキビの原因、体の内側
5:背中ニキビの原因を知って背中美人を目指そう!
 ・ストレスが原因
 ・日頃の生活習慣
 ・背中を清潔に保つ
6:ストレスを改善するなら生活習慣の見直しが必要
 ・生活習慣の乱れ
 ・栄養バランスの乱れ
 ・体の症状の積み重ね
7:ストレスは好きな食べ物を食べることで発散させる
 ・食べ物でストレス発散
 ・ストレスに効く食べ物
 ・脂分の多い食事や重たい食事は避ける
8:ストレスは上手な解消法を見つけてうまく付き合っていく
 ・ストレスを感じやすい人間関係
 ・自分に合ったストレス解消法
 ・ストレスになっているものをうまく避ける
9:【跡までスッキリ!?】背中ニキビをケアする良習慣!
 ・背中ニキビをケアするために
 ・肌の基本は生活習慣
 ・忘れてはならない食生活
10:知ってた?背中にきびの正しいケア5つ
 ・清潔、衣服
 ・睡眠、食事
 ・保湿

「ストレスを感じる仕事から解放されるには」

仕事のストレス

image002

仕事というのは基本、やりたくない事や大変な事をやり遂げて報酬をもらうものです。
ですから仕事は楽しさよりもストレスを感じることのほうが多いでしょう。
そして場合によっては仕事のストレスが原因で鬱や胃腸炎などの病気になってしまうこともあるものですし、仕事をしていてストレスを感じたことがないという人はいないのではないかと思われます。
こういった仕事のストレスから解放されるには、仕事をキッパリと辞めてしまうのが一番ですが、生活のことを考えるとそうすることができないという人も多いでしょう。

仕事とプライベートの時間の切り離し

image004

ですからストレスを感じる仕事に耐えるためにも、病気にならないようにするためにも、仕事とプライベートの時間の切り離しをうまく行うようにしましょう。
仕事のストレスや悩みを一旦抱えてしまうと、仕事が終わって自宅に帰宅しても休日になっても仕事のことが頭から離れず、ちっとも体も心も休まらないということがあります。
こういったことが続いてしまうとストレスも溜めこんだままになってしまい、頭痛や体調不良を感じることになってしまうので、仕事が終わったらプライベートな時間に仕事の悩みも持ち込まないように努力しましょう。
そのためには仕事用とプライベート用と携帯電話を分けて持つということもいい方法でしょう。
携帯電話はどこでも連絡が取れるのでとても便利ですが、プライベートと仕事が分けにくくもなってしまいます。
ですから仕事とプライベートをきっちりと分けるためにも、携帯電話は2つ持ちというのもいいでしょう。

ストレスを軽くする方法

image006

また、メールアドレスやSNSのアカウントなども仕事関係とは別に、プライベート用のものも作っておくといいでしょう。
SNSやネットの世界は現実逃避できる場所でもあるので、仕事のストレスから解消されたい時にもうまく活用するといいです。
そして、仕事のストレスから解放されるには、プライベートの時は仕事を連想させる製品、物には近づかないというのもいいでしょう。
衣料品関係の仕事であれば、プライベートの時はあまり服にはこだわらず自由な服を着るようにする、食品関係であれば自分の働いている会社とは関係ない食品を選んでみるなどしてみるといいでしょう。
あえて仕事関係のものを避けることで違う視点にも気が付きますし、新しい発見があることで気分も明るく楽しい気持ちになれます。
仕事の時間、プライベートの時間をうまく切り離すことが仕事のストレスを軽くする方法の一つにもなるでしょう。

TOPへ

ストレスで胃腸炎になってしまった時は

ストレスによる胃腸炎

image002

ストレスは誰でも経験するものであり、大人でなくても子供でも感じるようなことはあるでしょう。
ですが、大人の場合は仕事によるストレスや人間関係のストレスなど、複雑な関係・環境により発生することも多く、なかなかストレスの原因になっているものから逃れられないことも多いので大変です。
また、ストレスは精神的なイライラだけにとどまらず、身体の健康にも影響を及ぼすことが多いので注意です。
特に仕事関係だと言いたいことを言えずに自分だけで抱え込んでしまうケースも多く、そこから胃や腸に痛みを感じるようになってしまう人も多いです。
ストレスが胃や腸に影響してしまうことで、胃腸炎になり胃が痛くなったり下痢をしやすくなったりしてしまいます。

胃腸炎になってしまった時は

image004

胃腸炎になってしまった時は内科で痛みを抑える薬を処方してもらうこともできますが、ストレスが原因になっているような時は、ストレスの原因を取り除くことが胃腸炎を解決するのに一番いい方法です。
可能であれば残業を減らしたり、勤務時間を減らしたり、休暇をもらうことで解決していくのもいいでしょう。
また、夜勤のある仕事はより体調を崩しやすいので管理が必要です。
胃腸は自立神経の働きともつながりがあるため、ストレスに影響されやすい臓器としても知られています。
ですからストレスで胃腸炎にならないようにするためにも、適度にリラックス時間を設けるなどの自分をいたわることも大切でしょう。

お腹が張らないようにする

image006

また、胃や腸に痛みはなくても、お腹がはったり食欲がなくなることで胃や腸の調子に影響が出てしまうことがあるので注意です。
特にオフィスワークをしている女性は毎日長時間同じ姿勢で仕事をしていることも多いので、ただでさえお腹が張りやすい環境にあります。
お腹が張らないように入浴時にマッサージをしたり、家でできるストレッチなども取り入れていくといいでしょう。
そして、ストレスによって腸内環境を余計悪くしないためにも、整腸効果のあるヨーグルトや食材で腸内環境を整えていくといいでしょう。
ヨーグルトは果物やシリアルとも相性がいいので女性好みの食材としておすすめです。
また、下痢が続いたり食欲がないような時はお腹に優しい消化の良いおかゆなどを食べていくといいです。
温かいおかゆやお茶は気分も落ち着かせてくれますし、胃や腸ももたれないので安心です。
ストレスによる胃腸炎は若い女性でもなりやすいので、重症化しないためにも危機感を感じたら内科や精神科の受診をしていくといいでしょう。

TOPへ

ストレスの原因は思わぬところにある

突然やってくるストレス

image002

ストレスは突然やってくることがほとんどです。
今までストレスを感じない快適な環境の中で生活をしていたとしても、そこに新しい誰かが加わったり、ちょっと物の配置が変わったりするだけで、それがストレスになってしまうようなことは誰でもあるでしょう。
なので人間関係や生活環境の違いでストレスを抱えるようになっても、自分は心の狭い人間なのだと自分自身責めないということも大切なことです。
そしてストレスとなっている原因を見つけ出し、素早くそれらを取り除くようにするといいでしょう。

適応能力を身につけていくこと

image004

ですが、場合によってはストレスとなっている原因を簡単には取り除けないようなこともあるでしょう。
なので、そういった時は自分から環境に慣れるようにする・なじむようにすることも大切です。
相手や周囲に変化や元通りになることを求めてもうまくいかないこともありますし、変えられないようなこともあるからです。
そんな時、いつまでも以前の状態を求めることや元通りを求め続けることはストレスになってしまうこともあるので、自分から現在の状況に慣れるようにすることもいい方法です。
仕事や家庭、趣味など、長い人生の中で自分の居場所となる場所はいくつか出てきますが、変わらない同じ状態を何年も維持できることのほうが難しいものです。
今は居心地のいい環境でも、ストレスになるような環境に変化していくことが考えられるので、適応能力を身につけていくことがストレスに打ち勝つコツでもあります。

原因は自分の中にあるということも

image006

また、ストレスの原因は物や相手にあると思ってイライラしてしまうようなことがありますが、原因は自分の中にあるということもあります。
相手の行動ややり方で気に入らないことがあっても、考え方や対処の仕方を自分が変えることでイライラしなくなるということもあるものです。
行動が遅ければ少し遅れてもいいというように気持ちに余裕を持つようにしたり、焦らないようにしてみるといいでしょう。
また、誰かに何か言われても一から十まで気にするのではなく、ある程度は聞き流せるようにするといいです。
こだわりは自分の成長にもなりますが、こだわりすぎることでストレスを増やしてしまうこともあるので、こだわることでストレスを感じるようになったら、程ほどにするようにもしましょう。
そして、何にイライラしているのか自分でもわからないけれど気分が落ち着かないような時もあるものです。
そういった時はホルモンバランスが影響していることもあるので、無理をせずに仕事も趣味も頑張りすぎないことが大切です。

TOPへ

厄介な「背中ニキビ」はなぜできる?背中ニキビの気になる原因

背中ニキビは悪化しやすい

image002

「背中に違和感を感じて触ってみたら、背中ニキビができていた…」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。この厄介な背中ニキビ、どのようなことが原因で発生するのか、皆さんはご存知ですか?今回は、そんな背中ニキビの原因について解説したいと思います。

残念なことに、背中ニキビというのは悪化しやすい傾向にあります。それはやはり、「自分の目で見ることができないパーツだから」という理由が大きいです。顔のニキビであれば、鏡を見れば気づくことができますが、背中の場合はそうもいきません。そのため、「できてしまったことに気づかなかったために、対処が遅れて悪化する」という状態を招きかねないのです。

背中ニキビの原因、毛穴の詰まり

image004

背中ニキビの原因は、「毛穴の詰まり」が主な原因です。何らかの原因によって皮脂の過剰分泌が促されたり、背中の汚れが毛穴に詰まったりすると、ニキビの原因菌となる「アクネ菌」が増殖し、背中ニキビへと発展してしまうのです。毛穴の詰まりが発生する原因としては、体の内側の外側の両方に原因があるとされています。

毛穴の詰まりを招く原因~体の外側編~

毛穴の詰まりを招く、体の外側に潜んでいる原因を挙げてみたいと思います。

・紫外線(日焼け)
・シャンプーや整髪料の付着
・ボディシャンプーや石鹸の流し残し
・お肌の乾燥
・寝汗
・通気性の悪い服装
・汗をかいても着替えない
など…

こういった外部からの刺激によって、皮脂が過剰に分泌されたり、背中に汚れが付着したりして、毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまうのです。

背中ニキビの原因、体の内側

image006

毛穴の詰まりを招く原因~体の内側編~

では次に、毛穴の詰まりを招く、体の内側に潜んでいる原因としては、以下のようなものが挙げられます。

・ホルモンバランスの乱れ
・睡眠不足
・ストレス
・食生活の乱れ(ビタミン不足・糖分や香辛料の摂り過ぎなど)
など…

体の内側がこういった状態だと、お肌のコンディションも悪くなってしまいますし、皮脂が過剰に分泌されてしまうので、毛穴の詰まりが起こりやすくなります。

背中ニキビができる原因について解説させていただきました。できてしまった背中ニキビを改善するため、そして背中ニキビを予防するためには背中ニキビの原因を把握しておくことがとても重要になってくると思うので、ぜひ当記事の内容を役立てていただければと思います。背中ニキビの悩みを解消して、堂々と背中の開いたファッションができる「背中美人」を目指しましょう!

TOPへ

「ストレスとさよなら。今からでもできる簡単な解消法」

せっかくのおしゃれも台無しの背中ニキビ、背中の空いたデザインの洋服や水着など着たいのに悲しいですよね。毎日お風呂に入って清潔にしているのにどうして出来てしまうの?と悩んでいる人もいるはずです。
嫌な背中ニキビの原因を知って、美しい背中を取り戻しましょう。

ストレスが原因

image001

背中ニキビの原因はさまざまです。一つの原因から出来ている場合もあるでしょうし複数の原因が重なって出来ていることもあります。
背中というのは自分ではなかなか手が届きにくいわけですし、すぐに自分の目で見える場所ではありません。そのためニキビに気が付きにくいという面もあります。
普段のケアも手が届きやすい場所に比べたらなかなか上手に出来ません。普段容易に見えにくい場所のために意外にも背中のケアを全くしていないという人もいるのではないでしょうか。

背中はニキビに大敵な皮脂の分泌がとても活発な場所です。顔に出来るニキビも過剰な皮脂の分泌により毛穴が詰まってしまって出来てしまいますよね。それと同じで背中ニキビも過剰な皮脂によることが多いのです。

皮脂の分泌が多くなってしまうのはストレスが原因のこともあるのです。日頃からストレスを感じやすい性格の人、ストレスの多い環境にいる人は要注意です!
ストレスが皮脂を増やす働きをしてしまいます。いくらお肌のケアをしてもストレスを減らす努力をしなくてはなりません。その他の肌トラブルも起こしがちなのでストレス解消法を考えましょう。

日頃の生活習慣

image003

日ごろの食生活も大きなポイントです。脂っこい食事ばかりでビタミン類が豊富な野菜を全く食べないような食生活ではますます皮脂腺を刺激して皮脂が出てしまいます。背中ニキビを改善したいならビタミン類を多く含むバランスの良い食生活を心がけましょう。

お風呂に毎日入るのは当然で、出来る限り浴槽に入りましょう。シャワーだけで済ますのは皮脂汚れなどの不要なものが落ちにくく背中ニキビが出来やすくなります。浴槽に入って全身の血行を良くすれば肌の調子も格段に良くなります。

洗い方にも工夫が必要です。特に背中は手が届きにくいので洗い残しが出来るかもしれません。体を洗う時だけでなくシャンプーやリンスの流し残しが背中に残ったままでも毛穴が詰まってしまいますからニキビを誘発してしまうのです。

シャンプーやリンスの後は先進をよくすすぐようにしましょう。

背中を清潔に保つ

汗をかいた後のケアも大切です。汗をかいたままにして背中の皮脂と混ざったまま放置していると、たちまちニキビが出来てしまいます。今出来ている背中ニキビをさらに悪化させる原因にもなります。
清潔第一で、汗をかいたらすぐにふくか着替えるなどの努力も大切です。
きれいな背中で自分に自信をつけたいなら生活習慣を見直していきましょう。

TOPへ

ストレスを改善するなら生活習慣の見直しが必要

生活習慣の乱れ

image002

ストレスは仕事の疲れや精神的な悩み他、生活習慣の乱れなどが原因で感じることもあります。
なんでもないような出来事も、体が疲れていたり睡眠不足だと必要以上にイライラしてしまうこともあるので、ストレスを溜めないようにするには、体調管理にも気を付けることが大事です。
特に良く眠ることと栄養のあるものを食べることは生活習慣を見直すためにとても大切なことです。

栄養バランスの乱れ

image003

健康な体は健康的な生活から作られますから早寝早起きができていなかったり、栄養バランスが乱れていると感じるようなことがあれば正すことに集中してみましょう。
忙しい時は手軽に食べられるレトルト食品やインスタント食品ばかり食べてしまいがちですが、そうすることでカルシウムやビタミン、食物繊維などの栄養成分は不足してしまいますから、体調不良からのストレスに発展しやすくなってしまいます。
バランスの良い食事がとれないことで心配される体調不良の中でも、便秘は特に多くの人が悩む症状です。
便秘は頭痛、腹痛、お腹のハリなどの症状を引き起こしますから、仕事に集中できずイライラしてしまうことも多いでしょう。
また、便秘になると体に毒素が溜まったままになってしまうので肌荒れや吹き出物も出やすくなります。
女性は肌の調子が悪いとメイクのノリも悪くなってしまうので、それがストレスになることもあるでしょう。

体の症状の積み重ね

image006

小さな良くない出来事、良くない体の症状の積み重ねが大きなストレスになっていくので、連鎖していかないようにするためにも気分がスッキリしなかったりストレスを感じているようであれば生活習慣の見直しをしてみましょう。
また、ストレスは風邪の菌などと同様に周囲に伝染することも多いので注意です。
イライラしている人が近くにいれば自分の気分も悪くなりますし、イライラしやすくなってしまうでしょう。
ですからイライラしている人がいたら出来るだけ自分から距離を置くようにすることも覚えておくといいです。
また、自分のストレスを溜めないようにするには、どんなに疲れていてもシャワー浴ではなく入浴する習慣を身につけることも大事です。
入浴することで血流が良くなりますし、肩こりや疲労からのストレスも溜まりにくくなります。
一人暮らしの女性だと一人だけの入浴のためにお湯をはるのは面倒だと思いがちですが、ホルモンバランスを乱さないためにも必要なことです。
入浴が面倒だと感じるときは、足湯をしてみるのもいいでしょう。
足湯だけでも体の疲れは取れますし、ストレス解消のためのリラックスにもなります。

TOPへ

ストレスは好きな食べ物を食べることで発散させる

食べ物でストレス発散

image002

ストレスを感じた時は、うまくストレス発散法を見つけることで気分も軽くなります。
ですが食べ物を食べ過ぎることは太って体重を増やしてしまう危険性もあるので注意です。
太ってしまうと好きな服が着れなくなってしまいますし、スタイルも悪くなってしまうのでそれが新たなストレスの原因にもなってしまいます。
ですから食べ物を食べることでストレスを発散するにしても加減を忘れないようにしましょう。

ストレスに効く食べ物

image004

また、ストレスに効く食べ物を選んでいくことも必要です。
果物であればグレープフルーツなどの酸味のある柑橘系はサッパリとしていて気分が清々しくなりますし、むくみ防止にもなるのでストレス予防にもなるでしょう。
そして果物に含まれるビタミンや食物繊維は体を元気にしてくれるので最適です。
ビタミンや体にいい栄養素は生野菜にも含まれますが、生野菜は体を冷やし、お腹も張りやすいので注意です。
ストレスで便秘やお腹の張りを感じているような時は生野菜の食べ過ぎには要注意です。
野菜を食べて体をスッキリさせたいような時は茹でたり痛めたりするレシピも取り入れていきましょう。

脂分の多い食事や重たい食事は避ける

image006

そして脂分の多い食事や重たい食事は体もどんよりと重たくしてしまうので、ストレスを溜めているような時には避けたほうがいいでしょう。
体がスッキリしないと気分もスッキリしないものなので、食べ物でストレス解消したい時はできるだけサッパリとした食材を選ぶようにもしましょう。
お酢料理なども口当たりがさっぱりして美容にもいいのでお勧めです。
揚げ物やこってりしたものを食べたいような時は、黒酢やお酢が効いた料理を選んでみるのもいいでしょう。
お酢は夏バテでけだるいような時にも疲労回復にもなり、美容と健康にも最適です。

ですが、体の為には控えたほうが良いと思われている甘いおやつもストレスには効きます。
女性は特に甘いスイーツやおやつで幸せを感じることも多いので、幸せ気分を味わうためにも好きなスイーツを取り入れていくことはいい事でしょう。
スイーツに含まれる甘い砂糖は疲れた脳に効果的ですし、仕事や勉強で脳が疲れている時、ストレスを感じているような時にも取り入れてみるといいでしょう。
食べるということは健康や成長していくのに欠かせない事ですが、生きていくうえでの楽しみでもあるので、食べ物でうまくストレス解消を考えていくのもいいでしょう。
ですが、食べ過ぎないように普段から自己管理能力を身につけておくことも必要です。

TOPへ

ストレスは上手な解消法を見つけてうまく付き合っていく

ストレスを感じやすい人間関係

image002

どんなに気を付けて生活をしていても、ストレスをまったく感じないように生活をしていくということはできません。
普段使っている通勤ルートでストレスを感じるようなこともありますし、よく行くお店の対応でストレスを感じるようなこともあるからです。
また、気温の変化、天気の変化によってちょっとしたストレスを感じることもありますし、まったくストレスを感じない生活を送るというのはとても難しいことでもあるでしょう。
そして、最も多くのストレスを感じやすいのが人間関係です。
ですから、人間関係に疲れたような時は人に会わないようにして、自分一人の時間を持つということがとても大事になりますし、一人時間を自由に使うことでストレス解消できるというようなこともあるでしょう。
仕事や友達付き合いなどで人間関係に疲れたような時は、一人時間を持つことがストレスを溜めないために必要なことにもなってきます。
ですが、そういった一人時間もいつからいつまで、といった期間や時間をきちんと決めておくことが大事です。

自分に合ったストレス解消法

image004

そうでないとダラダラとメリハリのない生活になってしまいますし、そういったダラダラの生活が続いてしまうことでそれが逆にストレスになってしまうこともあるでしょう。
人に会わない生活、人に気をつかわない生活というのは人間関係のストレスから解放されますが、自分の殻に閉じこもってしまうことで鬱になってしまう可能性もあるので注意です。
自分だけでゆっくり過ごせる時間というのは普段は考えないことも考えてしまうことがありますし、余計な心配をしてしまうこともあるので、楽しく時間を過ごすようにも心がけましょう。
また、大声を出したり何かを叩いたりすることでストレスが解消されることもあるので、大声を出したいときはカラオケに行ったり、何かを攻撃したいような時はキックボクシングなどに通ってもいいでしょう。

ストレスになっているものをうまく避ける

image006

何かを攻撃することでストレス解消できることは多いですが、他人を傷つけたり物を破壊するようなことはふさわしくないので、ストレス解消グッズや運動できる施設に行くのが最適です。
誰にも知られない方法で思いっきりストレス解消できれば心も体もスッキリしますし、また次の仕事も頑張ろうという意欲にもつながるでしょう。
ストレスを解消するには、ストレス解消になるような心地よいものを自分から見つけていく方法、ストレスになっているものを自分から避けるなどの方法があります。
今の自分にストレスになっているものをうまく避けていくことでストレスも発生しにくくなりますし、ストレスに悩まされにくくなるでしょう。

TOPへ

【跡までスッキリ!?】背中ニキビをケアする良習慣!

背中にできるニキビってケアが難しくて非常に厄介ですよね。ニキビの原因は主に皮脂が詰まること。ホルモンのバランスが崩れたり、乾燥が原因だったりすることで、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まることによってにきびが発生してしまいます。特に背中は皮膚が厚く、汗の汚れが溜まりやすいので背中ニキビが出来てしまえば、改善するまでに時間がかかります。今回は背中ニキビ、そしてニキビ跡までスッキリケアすることの出来る習慣をご紹介します。

背中ニキビをケアするために

image001

背中ニキビを治すためには、第一に肌の健康状態について考えなければなりません。健康な肌は新しい皮膚が誕生して古い皮膚が無くなっていく状態のことを指します。ニキビに悩まされる肌というのは、皮脂や古い皮膚が溜まってしまい、肌の新陳代謝が行われていない質の悪い肌なのです。つまり、背中ニキビをケアする方法として、肌を健康な状態に戻すことが第一条件になります。

肌の基本は生活習慣

image001

睡眠時間が足りてなかったり、睡眠の質が落ちてしまうと、身体の箇所問わずにニキビが出来やすくなってしまいます。ちなみに、肌のターンオーバー(新陳代謝)は夜に活発になるといわれており、午後22時~午前2時までがゴールデンタイムになっています。もちろん、仕事などでゴールデンタイムに睡眠をとるのが難しい人もいるでしょう。しかし、肌の調子を取り戻したいのであれば、スケジュール管理を徹底して行い、睡眠の質を上げることに集中してください。当然睡眠時間も確保し、生活習慣を見直すことからスタートしてみてくださいね。

忘れてはならない食生活

image003

背中ニキビを改善するために、睡眠時間と同様に重要なのが食生活です。現代の日本ではジャンクフードやコンビニ食品などで手軽に食事を取ることができますが、そういった食生活を続けていると、肌に悪影響を与えてしまいます。背中ニキビを改善したいのであれば、「肌にエネルギーを与える食べ物」を摂取すつようにしましょう。肌に栄養を届ける栄養分といえば「ビタミンC」「ビタミンB2」「ビタミンB6」などが代表的。例えばみかんやグレープフルーツ、ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜が該当します。それらの果物&野菜を積極的に食べることで、背中ニキビの改善、そして予防にも繋がります。ニキビを改善するのは、まずは内側からということを念頭に置きましょう。

TOPへ

【体の内側から綺麗になる】背中ニキビと食生活について

清潔、衣服

image002

気になる背中ニキビ。見た目は見えないから良くてもかゆみや痛みで困ることもありますね。実は背中は顔と同じくらいニキビが出やすい場所。きちんとケアをして、脱いでもきれいなヴィーナス背中を作りましょう!

まず大事なのが肌をきれいに保つこと。顔のニキビもこまめな洗顔が大切なように背中ニキビも清潔に保つことが大事です。よく泡立てたモコモコ泡で優しく丁寧に洗いましょう。専用の石鹸を使うのもオススメです。古い角質を取り除くスペシャルケアも効果的!エステに行ったり、市販のピーリング剤を使ったりして月に1度はお手入れしましょう。

睡眠、食事

image004

睡眠は薬に勝る!なんて言われるくらい人にとっては欠かすことのできない時間。睡眠不足になると男性ホルモンの働きが強くなり、皮脂が増加しニキビができやすくなってしまいます。たっぷり睡眠をとることも背中ニキビの改善に役立ちます。
また、仰向けで寝ている人は寝汗が背中ニキビの原因になっていることも。汗を吸い取りやすいパジャマを着たり、横向きやうつぶせで寝てみると背中ニキビも減ってくるかもしれません。

バランスの良い食事をとることは美容と健康にも効果的。急に食生活を変えるのは難しくても、青汁やスムージーで野菜を補ったり、不足しがちなビタミンやミネラルをサプリメントなどで補ったりしてみましょう。背中ニキビだけじゃなく日頃の疲れも軽くなるかもしれません。

保湿

image006

ニキビの対策としておろそかにされがちなのが保湿。肌が乾燥することで肌を守ろうと皮脂が出すぎてニキビの原因となることがあります。背中は手が届かないので化粧水なども塗りにくい部分。スプレーや専用の道具(コットンをはさんで背中に化粧水を塗るもの)が市販でもあります。うまく使って背中も保湿してあげましょう。

背中ニキビの原因は様々。衣服の素材がが肌に合わなかった!ネックレスからくるアレルギーだった!なんてことも考えられます。ひどいときには皮膚科に相談してみるのもおススメです。治らないからとあきらめず、ドレスや水着を美しく着こなせるよう顔同様に背中も根気よくケアしていきましょう!

TOPへ

ランキングを見る
ページトップへ