【背中ニキビ撃退】オススメの漢方や医薬品、栄養素まとめ

2015年8月25日
ニキビのないなめらか背中、どうつくるの?

【背中ニキビ撃退】オススメの漢方や医薬品、栄養素まとめ

1:【美肌は内から!?】背中ニキビに効く漢方薬!
 ・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
 ・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
 ・柴胡漬肝湯(さいこせいかんとう)
2:背中ニキビは飲んで治す!効果的な漢方薬7
 ・抗炎症等の効果のある漢方
 ・ホルモンバランスを整える漢方
3:背中ニキビの時に使える薬・スキンケアにはどういったものがあるか
 ・自分の背中ニキビにあったものを
 ・テクスチャで選ぶ
 ・ミストタイプのものや医薬品
4:背中にきびの特効薬!成分別背中ニキビに効く塗り薬をご紹介
 ・サリチル酸、イオウ、イブプロフェンピコノール
 ・イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、レゾルシン
 ・グリチルリチン酸を含むルフィーナ
5:飲んで治す!背中ニキビにお勧めの市販薬4つ
 ・チョコラBB
 ・ハイチオールB、桂枝茯苓丸加薏苡仁
 ・ペアA錠
6:【背中ニキビにはこの薬!】おすすめ治療薬
 ・はじめに
 ・市販薬と処方薬について
 ・処方薬の種類
7:【背中ニキビにはコレ!】優秀な栄養素たち
 ・ビタミンB2
 ・ビタミンC
 ・ビタミンE
8:【背中ニキビを撃退!】肌に優しい食生活
 ・背中ニキビとって理想的な食生活
 ・肌の天敵は脂分
 ・辛いものや海藻類はニキビを発症しやすい!?
9:鮮度のいいものを取り入れることで背中ニキビを改善
 ・新鮮で栄養のあるものを
 ・美容ドリンク
 ・粉ものやスキンケア商品
10:【常に要チェック!】背中ニキビのケアと心構え
 ・常にチェックしてみよう!
 ・ニキビなのに汗をかく必要性!?
 ・誤解されやすいケアの方法

【美肌は内から!?】背中ニキビに効く漢方薬!

背中ニキビは表面だけの問題ではない!?背中のニキビが気になっていて、何とか直したいけど治療法法が分からない、なんだか身体の内側から改善が必要な気がする、と悩んでいる人は多いはずです。身体にできるニキビは、生活面での影響が大きく、自分だけの力では直りにくい部分があるのも事実です。背中ニキビは顔のニキビよりも治りにくい傾向があるので、今回は背中ニキビに効果的な漢方薬にまとめてみました。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

image001

なんと名前の中に「毒」という文字が入っている漢方薬ですが、背中ニキビの対策漢方薬としてはトップクラスの漢方薬です。この漢方薬は、大きく化膿していて痛みが大きい背中ニキビが出来ている人にオススメです。ちなみに、「皮膚が可能しやすい人」「アレルギー体質の人」「食欲がない人」「舌が白い」「疲労しやすい」「体力に自信がない」といった特徴のある人に最適な漢方薬になります。十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は、解毒作用を盛んにして化膿、じんましんなどを起こしやすい体質を改善してくれる効果を持っています。ニキビだけではなく、湿疹、水虫などの対策にもなってくれ、まさに万能漢方薬といったイメージです。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

image003

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、皮膚が黒めで、皮脂に悩んでいる人に最適な漢方薬になります。そのほかにも「血行に問題を抱えている人」「赤ら顔の人」「脂性の人」「耳や花の病気になりやすい人」「生理の状態が良くない女性」「情緒が不安定な人」などの悩みを抱えている人にも大きな効用を発揮してくれます。主に、肌の炎症を抑えてくれる効果が期待できる漢方薬であり、上記の様な特殊な体質を持っている人の体質改善薬とされていて、さまざまな病気に対応できることから、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)とならぶ万能性を持っています。

柴胡漬肝湯(さいこせいかんとう)

image003

ピンクのパッケージが特徴的な柴胡漬肝湯(さいこせいかんとう)は、「背中ニキビに悩む子供」におすすめの子供向け漢方薬になります。「痩せ型」「感情の起伏が激しい」「好き嫌いが多い」「神経質」「皮膚が浅黒い」などの体質を持っている子供に最適な漢方薬です。具体的な紅葉としては、胸から上の炎症を治してくれる漢方薬で、背中ニキビの治癒のほかにも、熱を冷ます効果も持っており、「神経症」「慢性胃腸炎」「偏桃炎」など、独特な体質を持っている子供であれば、どのような疾患に使用しても問題ありません。虚弱体質の傾向にある子供に対して、心強いサポートを行ってくれます。

TOPへ

季節の変わり目は風邪をひかないように対策を練ろう

体に良さそうな響きで気になる漢方。背中ニキビにももしかして効くかも…なんて思いつつ、どれが良いのかわからず、なかなか手が出しにくいですね。そんな気になる漢方薬を今回はご紹介。あなたに合うものを見つけて、体の内側から背中ニキビを治しましょう。

抗炎症等の効果のある漢方

image004

■荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
炎症を抑える効果がありニキビに効いてくれます。手や足にあぶら汗をかくようなタイプの人にはオススメです。慢性鼻炎などアレルギー症状にも効き目があります。
■清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
化膿しているニキビに。皮脂を抑える抗リパーゼ効果で湿疹や皮膚炎にも効果的。10代の思春期ニキビや背中ニキビに悩む男性に試してもらいたい漢方薬です。
■十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
じんましんや水虫にも効く十味敗毒湯。カビが原因であることも多い背中ニキビには特に効果が期待できます。体の免疫力も調節するので繰り返す痒みやアトピーなどの湿疹にも◎。赤く腫れた背中ニキビもスッキリきれいにしてくれます。
■排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)
化膿して痛む背中ニキビにはこれ!面疔や歯槽膿漏といった化膿がひどい症状にも効果を発揮します。おしりのおできや背中ニキビにも効果抜群です。膿をもっているニキビに長年悩んでいる方は一度試してみると良いかも。
■桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
女性に試してもらいたいのが桂枝茯苓丸。大人ニキビの原因は化粧かホルモンと言われています。そんなホルモンの乱れを整えてくれる桂枝茯苓丸は、背中ニキビだけではなく顔のシミや肝斑、月経不順にも効いてくれます。これにヨクイニンがはいった桂枝茯苓丸加慧苡仁もオススメです。

ホルモンバランスを整える漢方

image005

体力のない女性にはこちらの2つがオススメ
■当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
貧血や冷えだけでなく女性特有の更年期障害や月経不順にも効いてくれます。ホルモンの働きを整えるので、大人の背中ニキビに効果的です。
■加味逍散(かみしょうようさん)
イライラや便秘の多い方に。こちらもホルモンバランスを整える効果があり、生理前にニキビができやすい方にはよく効く漢方薬です。肩こりや頭痛にも効果があります。
最後に
漢方薬で効果を発揮させるにはじっくりと時間をかけることが必要不可欠です。肌の生まれ変わりは約4週間とも言われています。効果がないからとすぐにやめずに、まずは2週間、できれば1ヶ月は続けてみましょう。購入する際にはかかりつけの先生や薬剤師に相談してください。体に合った漢方薬でドレスも水着も怖くない!ツルツルの背中を目指しましょう。

TOPへ

背中ニキビの時に使える薬・スキンケアにはどういったものがあるか

自分の背中ニキビにあったものを

image002

背中ニキビは、症状が軽いものであればそのまま放置しておくことでいつの間にか消えてしまうようなことがあります。
ですが見えない部分でもありますし、知らないうちに広がっていかないように、できるだけケアすることで治すようにしていくといいでしょう。
背中ニキビを改善するには背中ニキビ用の薬、スキンケアが販売されていますが、使い方や形、成分なども様々です。
ですから自分の背中ニキビにあったものを使用するようにしましょう。

テクスチャで選ぶ

image004

できてしまった背中ニキビが部分出的なものであれば、できている部分にだけ塗れるようなクリームタイプのものなどが使いやすいでしょう。
また、ジェルタイプのものはクリームタイプよりもべたつかず、流れにくいので1個所だけ塗りたいような時にも最適です。
背中ニキビに塗るクリーム・ジェルなどは塗る時間は特に決められていないことがほとんどですが、できれば入浴後の肌をきれいにした後に塗るのがいいです。
入浴後は温かい湯につかった後で血行も良くなっていますし、薬やスキンケアの効果を発揮させるのにも適しているからです。
ですから背中ニキビ用の薬・スキンケアを使用するのであれば入浴後の時間を狙ってみましょう。

ミストタイプのものや医薬品

image006

また、ニキビができている部分が広範囲で、しかも塗りにくいような時はミストタイプのスキンケアも最適です。
霧吹きで吹きかけるタイプであれば背中全体にかけやすいですし、クリームやジェルほどべたつきも気にならないので使いやすいです。
肌にクリームやジェルなどを付けると、つけたものが服にくっついてしまうのが不快に感じることもありますが、ミストタイプは肌がさらさらな状態のままなので快適です。
背中ニキビは自分で確認することが難しいので、なかなかどんな状態なのかを把握しにくいですが、できてしまったら早めにケアすることも大事なので、まめに自分で背中部分を触ってみて、ぼつぼつができていないかどうかの確認をしていくといいでしょう。
ニキビ対策用のスキンケアには美白成分なども含まれていることが多いので、美白ケアにも向いていますが、自分の肌にはあっていないと感じるようなことがあれば使い続けるのはやめ、皮膚科で自分にあった薬を処方してもらいましょう。
また、背中ニキビ用のクリーム、ジェルなどは通販でお試し価格のトライアルで販売されていることも多いので、自分の肌にあうかどうか心配な時は、まずはお試しセットから使ってみるといいでしょう。
お試しは価格もお手頃なので、費用的にも負担にならないでしょう。

TOPへ

背中にきびの特効薬!成分別背中ニキビに効く塗り薬をご紹介

痛い!かゆい!背中にきび。ドレスや水着なんてもってのほか、タンクトップを着るのも悩むくらい…なんてこともありますね。そんな背中ニキビを治す塗り薬を今回は紹介します。薬を使っても治らない時やあまりにも範囲が広い時などは皮膚科の先生に相談してください。

サリチル酸、イオウ、イブプロフェンピコノール

image002

サリチル酸
角質を柔らかくして、殺菌作用を示すサリチル酸。ケミカルピーリングにも使われています。背中ニキビ専用のスプレー化粧水であるメンソレータムアクネス25メディカルミストやDHCホワイトニングボディーミストなどに使われています。

イオウ
毛穴に詰まった硬い角質を柔らかくしてくれます。抗菌作用もあるため、ビフナイトやクレアラシルといった多くの顔用のニキビ塗り薬にも使われている成分です。独特な匂いがあります。クリームでは背中に塗りにくいですので、イオウカンフルローションとしてニキビ用のローションを薬局で作ってもらうのもオススメです。

イブプロフェンピコノール
炎症も抑えて痛みを和らげてくれますイブプロフェンは市販の痛み止め飲み薬としても使われています。塗り薬としては毛穴の炎症を抑えるだけでなく、毛穴が広がることを抑えてくれる作用があります。ローションタイプはありませんが、ペアアクネクリームやアポスティークリームに使われています。

イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、レゾルシン

image003

イソプロピルメチルフェノール
殺菌・抗カビ作用のある成分です。背中ニキビの原因は顔と違ってカビの1種が原因となることが多いです。抗カビ効果のあるイソプロピルメチルフェノールで劇的に改善することも期待できます。市販ではビフナイト薬用あぶらおさえローションやオードムーゲの化粧水に配合されています。

グリチルリチン酸
漢方薬の1つ甘草。その効き目の成分がグリチルリチン酸です。炎症を抑え、アレルギーにも使われています。オルビスクリアボディーローションやクレアラシルニキビ治療用クリームなど様々な化粧水やクリームに使われています。

レゾルシン
ピーリング効果があるため、イオウと一緒に配合されていることの多い成分です。レゾルシンが古い角質を優しく取り除き、イオウの効果を高めます。メンソレータムアクネス薬用アクネジェルやピンプリットなどが代表的な商品です。

グリチルリチン酸を含むルフィーナ

rufina_img

甘草由来の成分で安心なグリチルリチン酸。医薬品にも多く使用されているということもあり、効能はお墨付きです。
そのグリチルリチン酸が配合されており、かつ確かな保湿効果が期待できるのは医薬部外品のルフィーナです。継続して使い続けることで効果が表れてくるようです。

いかがでしたか?
紹介した薬や化粧水以外にも背中ニキビに効く成分が入っているものはたくさん売られています。また、様々な成分が1つの薬に入っていることも多いです。アレもコレも使うのではなく、とりあえず1つ使い切るまで試してみましょう。清潔・食事・睡眠にも気をつけてニキビのない綺麗な背中を手に入れましょう!

TOPへ

飲んで治す!背中ニキビにお勧めの市販薬4つ

夏の疲れが出やすい残暑

image003

背中ニキビの原因はカビと男性ホルモン!なんて言われていますが、それだけでは背中ニキビを繰り返したりしません。睡眠不足や栄養不足…本来体に必要なビタミン等が不足することでも背中にニキビができてしまいます。食事ではとりきれない、疲れた体をサポートしてくれる医薬品のチカラで、背中ニキビを根こそぎ撃退しましょう。

ビタミンB群が不足すると肌の代謝がうまくいかなくなります。それが、憎き背中ニキビの原因に。そんなビタミンBを補ってくれるのがチョコラBB。「ニキビ、肌荒れ、口内炎に♪」もちろん背中ニキビにも♪甘いものは別腹〜なんて言いますが、甘党女子はビタミンが不足しがち。肌に必要なビタミンが甘いものの代謝に使われてしまうのです。ケーキバイキングやカフェ巡りが好きな人は積極的に飲みましょう!

良質なたんぱく質を

image005

ハイチオールB
「日焼けによるシミそばかすに!」と有名なハイチオール。実はハイチオールCだけじゃなくハイチオールBもあるんです。ビタミンBだけではなくL-システインが配合され、背中にニキビ跡を残したくない時にもオススメ。肌のターンオーバーを整えてくれるので、背中ニキビもキレイにしてくれます。L-システインは二日酔いが気になる時にも効いてくれるので、男性にもGOODです。

桂枝茯苓丸加薏苡仁
女性の背中ニキビの原因の一つ、ホルモンバランスの乱れ。睡眠不足やストレスで男性ホルモンの働きが活発になり、皮脂が過剰に出ることで背中にニキビができてしまいます。桂枝茯苓丸加薏苡仁はホルモンの乱れを改善し月経困難などに効く漢方薬。桂枝茯苓丸でも効果はありますが、そこに美白化粧水にも使われている薏苡仁(ヨクイニン)が加わることで更に効果アップ!ニキビの跡を残さず、きれいな背中にしてくれます。

ペアA錠

image008

ペアA錠
グルクロノラクトン、L-システイン、ビタミンB2・B6が配合された、繰り返す大人ニキビ専用の飲み薬です。グルクロノラクトンは「お疲れさんにはグロンサン」というキャッチコピーのグロンサン内服液にも含まれています。肝臓の働きを助けて体の中の老廃物を排出する効果があります。仕事や勉強に頑張るお疲れ様世代の背中を体の内側から綺麗にしてくれます。

最後に
肌のターンオーバーは4週間。途中で諦めて飲まなくなってしまうと効果もうやむやのままです。まずは1ヶ月きちんと飲んで、効果がでるか試してみましょう。あまりにお疲れの体では肌に効果が現れるまで時間がかかることもあります。背中ニキビは焦らずじっくり治すもの。肌の清潔を保ち、薬をきちんと続けて水着を着ても怖くない!輝くなめらか背中でプールや海を思う存分楽しみましょう!

TOPへ

【背中ニキビにはこの薬!】おすすめ治療薬

はじめに

image005

背中ニキビに悩んでいる人は、すぐにでもニキビを治したいがために薬を使いたいものです。
背中ニキビを治すための薬と言っても、市販薬や医薬品、漢方薬などが出回っていて、どの薬が自分に最適なのか分からないですよね。
症状に対応している適切な薬を使用することが出来れば、背中ニキビから開放されるかもしれません。今回は背中ニキビに効果的な薬をいくつかご紹介していきます。

市販薬と処方薬について

image001

薬の中にも「市販薬」や「処方薬」などさまざまな分別がされていて理解しにくい部分があります。
市販薬と処方薬の違いは「抗生物質が入っているかどうか」にあります。
抗生物質の有無は薬としては大きな差を生み出すことになります。
市販のニキビ薬の中で最もオススメなのが「オロナインH軟膏」「クレアラシル」などが代表的です。
これらの薬品は患部に塗るだけの塗り薬であり、非常にお手軽な点が魅力です。
しかし、一週間以上使用しても背中ニキビが改善しない場合には、他の治療方法が必要になる可能性が高くなりますので、使用を中止して医師に相談するようにしてください。

処方薬の種類

image003

医者に相談して渡してもらえる薬のことを「処方薬」と言います。
背中ニキビの場合、処方してもらえる薬品としては次のようなものが挙げられます。
「抗生物質」「抗炎症剤」「皮脂分泌抑制剤」「抗ニキビ剤」「ビタミン錠剤」が代表的です。
「抗生物質」について、これは背中ニキビの原因になるアクネ菌が繁殖した場合、菌を抑えるために使用されます。「ミノマイシン」などの抗生物質は背中ニキビの赤みを改善する効果があり、背中ニキビをすぐにでも改善したいときに服用するのが推奨されています。

皮脂分泌抑制剤について
女性はホルモンバランスが乱れることによって、必要以上に皮脂が分泌されることがあります。そのため。ホルモン剤や、皮脂分泌抑制剤が用いられます。飲み薬としては「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」などの錠剤が代表的です。塗り薬としては。「イオウカンフルローション」がオススメです。塗り薬も飲み薬も過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるので、背中ニキビを発症しないように働きかけてくれます。

ビタミン錠剤
ビタミン錠剤を摂取することによって、皮膚組織の回復を早める効果が期待できます。肌の新陳代謝を高める効果もあり、背中ニキビを内から治療することを目的とした薬品です。処方されたビタミン剤は、市販のサプリメント類と比較すると吸収効率が良いので処方薬をオススメします。

TOPへ

【背中ニキビにはコレ!】優秀な栄養素たち

世の中には色々なニキビで悩んでいる人がいます。顔にできるニキビ、背中に出来るニキビ、大人ニキビ、思春期ニキビなど、発症してしまう要因も多岐にわたります。しかし、「ニキビ」が出来てしまう理由はどれ喪煮たようなもので、対策法も改善法も実は共通しているのです。共通している対処法の代表格が「食生活」です。そもそもニキビと言うのは肌の問題よって起こるもので、健康的な生活を送っている人にはほとんど発症しません。今回はニキビに効果的な栄養素、そして食べ物についてそれぞれご紹介します。

ビタミンB2

image001

ビタミンB2は、過剰な皮脂分泌を抑えてくれる効果があり、ニキビに悩んでいる人は積極的に摂取して欲しい栄養のひとつ。聞き慣れない栄養素ですが、普段の食生活から摂取することも可能です。

肉類ならば「牛レバー」「鶏もも」、魚類であれば「かつおぶし」「ぶり」「いくら」、そのほかでは「納豆」「まいたけ」「しいたけ」なども非常に優秀な食材ばかりです。
ビタミンB2は身体をすっきりと整えてくれる効果があるので、是非食事に取り入れてみてください。

ビタミンC

image003

ビタミンCは知名度が高いことから、その効果はかなりの割合で知られています。顕著なのが「ストレス緩和」ですね。ストレスはニキビにとっても大敵です。

そんなビタミンCが多く含まれている食材は、「オレンジ」「レモン」「イチゴ」「キウイ」「アセロラ」などのフルーツが目立ちます。
野菜では「ほうれん草」「ピーマン」「ブロッコリー」などに多く含まれています。
ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な栄養でもあり、肌を綺麗に保つのであれば優先して摂取するべきでしょう。
フルーツや野菜には多く含まれているビタミンCですが、中でも「アセロラ」は文句なしのトップクラスです。
購入するのは少し難しいので、市販のアセロラドリンクを用いるのがオススメですね。

ビタミンE

sweet-pumpkin-279844_1280

ビタミンEにはホルモンバランスを調整してくれる効果があります。
「カボチャ」や「モロヘイヤ」に多く含まれている成分で、効果としては「血液循環の促進」「老化防止」「血中コレステロール低下」があり、ニキビ改善に大きな貢献をしてくれます。

しかし、問題なのは普段の食生活の中から摂取するのは少し難しいという点です。
無理に食事から摂取しなくても、サプリメントで代用しても問題ありません。
摂取する際には食後に飲むと効果がアップしますよ。

TOPへ

【背中ニキビを撃退!】肌に優しい食生活

背中ニキビとって理想的な食生活

image001

一般的に肉料理などは非常に脂分が多いので、ニキビを発症してしまう要因になります。背中ニキビを治したいのであれば、健康的な食生活を送りたいものですよね。ニキビができにくい食べ物とは、具体的に「ビタミンC」や「ビタミンB2」などはもちろん、ミネラル、職滅繊維を多く含んでいるものが理想的です。ビタミンCには「皮脂の酸化防止」「皮脂分泌の抑制」などの効果があり、ビタミンB2には「炎症の改善」「皮脂組織の作成」などの効果が期待できます。ちなみに食物繊維が多く含まれている食べ物を積極的に摂取することで、便秘を解消してくれます。上記の様な栄養分を含む食べ物を進んで取るようにしてください。

肌の天敵は脂分

image003

ニキビに悩まされる人は、食生活から見直すべきでしょう。ニキビができやすい食べ物は、先述の肉料理だけではなく、「糖分の多い飲食物」も含まれます。市販のお菓子や清涼飲料水など、甘くて美味しいのは理解できますが、食べ過ぎてしまうと高確率で肌に問題が起きてしまいます。中でもチョコレートはニキビを誘発する代表格です。そもそも市販のチョコレートは油が多く含まれていて、大量の糖分も投入されています。そんなチョコレートを多く食べてしまうと、皮膚を硬くし、毛穴を詰まらせてしまう恐れもあるのです。しかしながら悪い成分だけはなく、チョコレートにはポリフェノールが含まれている場合があります。この場合にはカルシウムが多少含まれているので、ストレス緩和には効果を発揮してくれます。適切な量であれば、大人にキビを解消してくれることもあります。

辛いものや海藻類はニキビを発症しやすい!?

food-516044_1280 (1)

キムチや坦々麺など、辛くて美味しいものはいくつもありますよね。辛い食べ物は汗をかかせてくれ、血液循環を良くする効果があります。しかしデメリットとして、内蔵に余計な負担をかけてしまうというポイントも存在します。特に女性はホルモンバランスが崩れてしまい、ニキビができやすい体質になってしまう可能性があります。背中ニキビなどに悩んでいるのであれば、辛いものも控えることを推奨します。

また、ワカメや昆布、昔から日本の食卓で重宝されてきた食材も、過剰に摂取するとにきびを誘発してしまう恐れがあります。背中ニキビが悪化してしまう要因のひとつに「ヨウ素」があります。このヨウ素が海藻類に多く含まれており、皮脂腺から排出されるものがニキビをつくってしまいます。皮脂は人間にとって必要なものですが、必要以上に皮脂があると毛穴にダメージを生成してしまうのです。

TOPへ

鮮度のいいものを取り入れることで背中ニキビを改善

新鮮で栄養のあるものを

image004

背中ニキビは内側からのケアと外側からのケアが必要ですが、どちらの方法を取るにしても、鮮度のいいものに注目していく必要があります。
体内循環を良くするために野菜や果物を食べていくことは必要ですが、鮮度の低いものを食べているようでは肌への効果は表れないでしょう。
ですから肌にいいと言われる食材も、新鮮で栄養のあるものを取り入れるようにしましょう。
また、美容ドリンクなどには肌に良いとされるコラーゲンが配合されているものありますが、肌にちゃんと効果が出ることは少ないです。
たくさん飲んでもその多くが体内で分解されてしまったり、効果が肌まで届くことはないので、美容ドリンクを飲むことだけで背中ニキビが解決できたり、美肌維持になることはないと覚えておくといいでしょう。

美容ドリンク

image002

ですが、美容ドリンクにはたんぱく質などの成分が配合されているので、その他の成分を補うにはいいでしょう。
また、お風呂上りに甘いジュースや炭酸水を飲んだり、アルコールを飲んでしまう習慣があるような人は、それを美容ドリンクに切り替えることで肌ケアになる場合もあるでしょう。
特にアルコールの成分は寝ている間の水分の渇きにもつながりますし、深い眠りも妨げてしまうことがあります。
深い眠りは健康で丈夫な肌を作るのに大切ですし、また睡眠が十分でないと肌細胞の再生にもつながりません。
背中ニキビや吹き出物を改善するには肌細胞を活性化させることも必要なので、眠れる環境つくりのためにアルコールは控えるのもいいでしょう。

粉ものやスキンケア商品

image006

そして、健康的な朝食のために、朝食は手作りパンやパンケーキなどを作る人も多いですが、粉ものを材料に使用するような時は、粉が新鮮なものかどうかにもこだわりましょう。
一旦開封したミックス粉などは、チャックをしていても開封口からダニや虫などが侵入しやすくなります。
また、湿気が多い戸棚に保管しておくことでカビの原因になりますから、賞味期限が切れていなくても、そういったミックス粉を使用することで肌荒れやアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
小麦アレルギーがないような人でも反応してしまうことがありますし、背中ニキビの原因にもなることがあるので注意です。
開封口は常にしっかりと閉めておくようにしましょう。

また、開封口をしっかり閉めるということは、化粧品やスキンケア製品も同じです。
食品同様、開封した時から鮮度が失われますから、清潔なもので肌ケアをするためにも鮮度には気を付けましょう。

TOPへ

【常に要チェック!】背中ニキビのケアと心構え

常にチェックしてみよう!

image001

自分の背中に自信を持っていますか?背中は自分ではチェックしにくい場所ですし、顔のように常にケアしやすい箇所でもありません。しかし、温泉やプール、海の季節になると、どうしても露出度が上がってしまいますよね。普段意識しない場所だからこそ自信を持ちたい!という人に向けて、背中ニキビのケア方法について御紹介します。
自分の背中を自分で見ることは難しいですが、それでも不可能なことではありませんので、チェックするように意識しましょう。全身鏡でもいいですし、合わせ鏡でも問題ありませんよ。自分の背中を触ってみて、ポツポツが出来ていないか、肌触りがザラザラしていないか、などを確認することで、早めに対応することが出来ます。普段の生活の中で、チェックできる項目としては以下の様なものが挙げられます。

・十分な睡眠時間
・食生活の見直しをする
・背中を洗い過ぎない
・清潔なインナーやパジャマの着用
・保湿は十分か
・ストレスの有無

上記のように、お金や過剰な労力を掛けなくても、背中ニキビの対策とケアは十分に可能です。余分にお金を掛けてエステに行くなんて考えなくても大丈夫ですので安心してくださいね。

ニキビなのに汗をかく必要性!?

image003

汗とニキビは何だか相性の悪いイメージがありますが、それは汗が長時間肌に付着している場合の話になります。

背中ニキビは、軽い運動をして、背中を綺麗に洗うだけでも改善可能です。
もちろん運動だけで治療するのは限界があるのは事実ですが、それでも代謝がよくなることによって、肌が綺麗になることは間違いありません。

そもそも、熱くてかいてしまう汗と、運動でかく汗とは違うものです。
ニキビをケアしているときに汗をかくことに臆病にならず、積極的に運動をしてみてくださいね。

誤解されやすいケアの方法

image005

世の中には、ニキビのケアについてさまざまなな方法が浸透していますが、中には都市伝説の様な間違った情報が流れていることもあります。

・皮膚科に行って薬品を処方されればニキビは治る
・ミョウバンで背中を洗う
・皮脂の原因となりえる食べ物を控える
・背中を清潔にすれば治る

上記の様なケア情報は、決して間違ってはいないのですが、それでも効率的な治療方法とはいえません。実際に背中ニキビに悩んでいる女性が、上記の方法で治療を数ヶ月間実施しても、改善できなかったというデータも存在しています。

背中ニキビのケアについて御紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?背中ニキビの改善方法は必要以上にお金を掛けなくても、医師に薬を処方してもらわなくても、普段の生活の中で十分に改善可能です。睡眠時間や質、食生活の見直しなど、誰にでも出来る簡単なことを実践して、自信を持てる綺麗な背中を手に入れてくださいね。

TOPへ

ランキングを見る
ページトップへ