【意外な原因】炭水化物を取りすぎると背中ニキビができる?

2015年8月3日
ニキビのないなめらか背中、どうつくるの?

【意外な原因】炭水化物を取りすぎると背中ニキビができる?

炭水化物がニキビの原因?

spaghetti-569067_1280

チョコレートなどのような甘いものを食べ過ぎると、背中ニキビができやすくなってしまう原因となってしまうということは、多くの人が耳にしたことがあるはずです。

ただ、炭水化物がニキビの原因になる可能性があるということは、あまり知られていません。

いったい、どうして炭水化物を取りすぎが原因で、背中ニキビができやすくなってしまうのでしょうか。

■甘いものを食べたときと同じ効果が現れる

pasta-19107_1280

炭水化物を摂取し過ぎると、なぜ背中ニキビの原因になってしまうのかといえば、甘いものを食べた時と同じような効果が体内で現れるからです。

炭水化物には糖分が含まれています。お米やパンを食べたときにおいしいと思うのは、その中に微量の甘みを感じているからです。

炭水化物を摂取すると体内で脂質が作り出されます。そしてその結果、体内で油の成分が濃くなってしまい、甘いものを食べた時と同様の効果が現れることになってしまうのです。

ただ、このような効果は炭水化物を摂取しすぎが原因で起こる現象です。普通にご飯などを食べていれば、このような現象は起こりませんので、炭水化物を一切取らないようにするというようなことはする必要がありません。むしろそのようなことをすると、体調に異変を感じてしまう原因となりえますので、背中ニキビが気になっていても、無理なダイエットに似たような食べ物の限定化はしないようにしましょう。

■ビタミンを消費してしまう

image003

他にも炭水化物を摂取すると、背中ニキビを引き起こしてしまう原因があります。
実は、炭水化物を摂取すると、その糖質を分解するためにビタミンBが体内で消費されるのです。ビタミンBは肌の潤いや健康を保つために役立つ栄養素です。あまりにも炭水化物を多く摂取し、ビタミンBが多く消費されてしまうと、体内のビタミンBが少なくなってしまうことが原因で、背中ニキビができやすくなってしまうというわけです。

過剰に炭水化物を摂取している人はそれを控えるべきですが、そうではないという人は、炭水化物を摂取するときに、同時にビタミンBも摂取するようにすると、このような原因で背中ニキビができてしまうのを防ぐことができます。ビタミンBは卵や大豆などに多く含まれているので、食事の際には意識して摂取するようにしてください。

また、肉や魚に含まれるたんぱく質も、背中ニキビを防ぐためには必要な栄養素です。油をとりすぎるとよくありませんが、だからといってたんぱく質を摂取しなくなると、また逆効果となりますので、適度に食べるようにしましょう。

ランキングを見る
ページトップへ